監視社会ニッポン

妻のママ友シリーズその2。

昨日の朝、たぶん通勤の時間帯に、私が自転車を立ちこぎしているところをママ友Ⅱに目撃され、妻に報告がなされた模様。

「爽快にこいでいた」

という話だったそうなのですが、妻からは

「大の大人が立ちこぎなんぞをするか!学校に遅れそうな中学生か!恥ずかしい!」

と、なぜか叱られてしまいました(なお、昨日は別に遅刻しそうとかの事情はありませんでした)。

おそるべき監視社会は、既に私の周囲でだけ実現しているかのようです。妻のスパイが多すぎる。。。

銀河英雄伝説 Die Neue These

銀河英雄伝説の再アニメ化バージョンの新情報がキテター!・・・のですが・・・

 

とりあえず公開されてる主要人物の3人、ラインハルト、ヤン、キルヒアイスだけしかいない現時点で、この3人すら、髪の色と髪型でしか判別できないのは私だけ・・・?数十人の同じ顔による群像劇・・・

 

アッテンボローの女体化、待ったなし。。。

職業病

好奇心からつい計算してしまうもの

→自分が交通事故死した時の賠償金

興味はあるけれど怖くて計算できないもの

→自分が離婚した時に支払わなければならなくなる養育費

 

・・・違いはなんなんだろう。

哀しい生い立ちゆえの悲劇

妻いわく、ママ友から

「ご主人に挨拶をしても無視されていると思ったけれど、哀しい生い立ちゆえだと知って納得した」

と言われたそうです。

http://aozora-law.info/blog/?p=1966

おかげで、最近「暗殺教室」にはまっている妻から、

「殺せんせーのようにいつも笑顔を絶やすな!」

と厳しく叱責されているのですが、さて、「ヌルフフフフ・・・」と含み笑いをする殺せんせーって、思いっきり近寄りたくない不審人物な気がするのは私だけなのでしょうか?

 

偉大な判例と言えば…

富山県民の間でも

「法学部生にやたら有名な宇奈月温泉」

という認識は共有されているらしいと聞いてついニヤニヤ。

「カフェといえば丸玉」

と並び、法学の初学者の心を虜にする二大判例です。

慶應ボーイいろいろ

慶應義塾大学出身の弁護士であるNさん、Hさんと酒を酌み交わす機会がありましたが、彼らの「慶應ボーイ」としてのあり方には、非常に大きな違いがありました。早稲田出身者として、彼らが好敵手たりうるか否かの判断のために第一応援歌「若き血」を歌うよう要求してみたところ、Hさんは見事に歌い切ったのですが、Nさんは私ですら歌える「若き血」をついに歌うことができなかったのです。

「若き血」といえば、早稲田にとっての「紺碧の空」と同じ重みがある曲なのに、「歌えない」なんてことは、塾生的にあってはならないことのはずです。大学の創始者を「福沢論吉」と書くくらいの大罪です。

そこで彼を厳しく追及してみたところ、Hさんは内部進学の純正慶應であるのに対し、Nさんは外部受験であるという違いがありました。

2人の背景の違いが、歌う回数に圧倒的な違いを生んだことは事実なのでしょう。しかし、それでもNさんは慶應義塾に進学し、曲がりなりにも最低4年間は慶應ガールたちと同じキャンパスライフを過ごすことができ、あーんなことやこーんなことを楽しんだに違いないにもかかわらず(妄想)、こともあろうに「若き血」すら歌えないなどという大学生活には、やはり大きな闇を感じずにはいられません。PCで入力すると予想検索に「モテる」「彼氏」などが出てくる「慶應ガール」と、「モテない」「なんて呼ばないで」「7つの大罪」などが出てくる「ワセジョ」・・・私と彼らの周辺環境の違いを思うと、ワセジョたちにとって私がどうだったのかという問題を棚に上げて、うらやまけしからんことこのうえありません。

Hさんは「慶應ボーイ(純血)」と認めますが、Nさんは「慶應ボーイ(雑種)」と言わざるを得ません。差別ではなく、彼ら自身がすごした大学生活によって、彼ら自身の価値を分かつ結果となったのだから、仕方がありません。 きゃっきゃうふふな生活に溺れて学生としての魂を置き去りにする大学生活を送ったであろう雑種の方には、猛省を促したいところです。

カープは弱いなんて誰が言った・・・

広島弁護士会の法律相談センターのカープ優勝記念無料相談券に笑った後、「V8」と書いているので何のことかと思ったら、1950年の2リーグ分立以降、カープの優勝は8回目なんですね。

セ・リーグの場合、巨人のV9とかも含まれるので、

「68シーズンで8回目って、案外多くね?」

と思って、過去68シーズンのセ・リーグ各球団の優勝回数を数えてみると、

巨人36回 中日9回、広島8回、ヤクルト7回、阪神5回、横浜3回(大洋・松竹含む)

でした。・・・セ・リーグで優勝回数が3番目に多いのは、広島なんですね。

さらに、「連覇」という現象に焦点を当ててみると、

巨人 51~53、55~59、65~73、76~77、89~90、07~09、12~14

広島 79~80、16~17

ヤクルト 92~93

中日 10~11

・・・巨人以外で複数の連覇を達成したのは、今回のカープが初めてだという驚愕の真実。

確かに80年代は強いと思っていましたが、創設期の弱小伝説をいろいろ知っていたり、90年代以降の苦境を直接見ていたりすると、どうしても「弱い」というイメージでした。・・・全力で、ごめんなさい。。。

むしろ、関西マスコミがよく

「常勝軍団の復活を宣言!」

とかやってる某球団、お前らこそ歴史上のいつ「常勝」だった時期があるのかと、小一時間問い詰めたい。

宇宙戦隊キュウレンジャー、完

ショウ・ロッポーじゃなくって、ショウ・ロンポー司令官が、300年前の世界でドン・アルマゲを倒した後、

「司令官としての仕事は終わりだ」

とか言って、そのまま過去世界に残留しちまったよ・・・

私としては、ショウ司令官がいなくなったら

「宇宙戦隊キュウレンジャー 完」

なんですけど?!

しかも、平和になっているはずの現代に他のメンバーが帰ってきたら、普通にドン・アルマゲが高笑いしてるし・・・

シ ョ ウ ・ ロ ン ポ ー 司 令 官 の 過 去 残 留 は、 勘 違 い の 賜 物 で す か !?

たぶんどっかで再合流するだろうと分かってはいるのですが、ショウ司令官のあまりの扱いに、泣いています。

岡山はやはり神の国だった!

今日は警報が出ましたが、冷静に考えてみると、今日は3連休の中日だから、学校は休みになりませんね。午後3時の時点で風雨ともたいしたことないので、平日なら子どもたち大勝利パターンだったはずなのですが。

やっぱり岡山は 神 の 国 と断定されました!

・・・その一方で、今までそんなことに気づいていなかった私がヤバい。。。

車好きとそうでない人の違い

車の買い替えを検討している人との話で、

「〇〇(車種)が近々モデルチェンジするみたいだから、ちょっと気になっているんですよね~」

と言ったので、つい

「ああ、そうなったら旧モデルの新古車が大量に安く出回りますからね・・・」

と返したところ、火星人を見るような目で見られてしまいました。

ただ、このようなギャップ自体は、新車=浪漫の象徴ととらえる車好きと、車を単なる移動手段ととらえ、使い方と予算、せいぜい燃費(に代表される維持費)のバランスという枠組みの中でしかとらえない非・車好きとの間では、割とよくあることのような気がします。

最近人気だというSUVという車種の存在意義自体が本気で分からない、なんて言おうものなら、火星人どころか銀河系の外まで放逐されそうなので、あわてて逃げだすのでした。