Home » Archive by category "弁護士語録"

Archive for the '弁護士語録' Category

審議承認のための高等戦術

昨日の弁護士会の常議員会で、事前には異論や質問、文句が出るかもしれないといわれていたフラレタリアート委員会関連 […]

目玉が飛び出た瞬間

この業界である程度長く生きていると、それなりの面の皮の厚さが身についてくるのですが、今日は久々に、 話を聞いた […]

この世には、求めてはいけないものがある

「難波さん、ご意見をお聞きしたいんですが」 「?」 「ふつう、〇〇と××は同じだと思うんですが、〇〇と××の日 […]

真の漢がここにいた!

岡山弁護士会でたすっぴぬいぐるみ販売開始。私もとりあえず買ってみました。 しかし、小耳にはさんだところによると […]

一族の夢

私より若い弁護士が、岡山に同姓の弁護士が増えたと言うので、 「岡山に〇〇一族が広がっているということで、ご同慶 […]

岡山の派閥抗争を妄想する。

大都市の単位会に「派閥」がほぼ公式に存在するというのは弁護士会の常識ですが、そろそろ中堅の門をたたく年代の弁護 […]

「岡山の弁護士・裏」充実中

今日は、某長老弁護士から、酒の肴に古い時代の岡山の弁護士たち(主として会長経験者世代)の様々なお話を聞いてきま […]

逃げの魔術師

何かネタはないかと、平成14年度に弁護士登録して以降、私が放り込まれた弁護士会の常設委員会を集計してみました。 […]

病は懐から?

「最近風邪が流行っているようですけど、大丈夫ですか?」 「そういえば、最近懐が寒くて・・・」 「・・・それは、 […]

平和のタネ

たぶん岡山弁護士会の中でファジアーノ岡山のスポンサー歴が最も古いと思われるH弁護士と遭遇し、今年のファジアーノ […]