Home » NEWS » 25.64%の真実

25.64%の真実

中弁連機関紙「かがやき」の寄稿に感動したらしい先生から声をかけられました。親世代の大先生から、あんな満面の笑みで反応されると、

「もともと私の面白エピソードはO弁護士会内では3割ほど盛って広められるうえ(逆に、シリアス系エピソードは3割以上削られます)、さらに寄稿者の先生の筆力をもってその3倍増しで拡散されていますからなあ」

なんて言えません。私の実像は、x×1.3×3=100、つまりあの文章の内容を100とすると、x≒25.64なのです。

ちなみに、大先生の後方に同行していた、私と世代が割と近い弁護士はというと、上記の方程式をある程度理解されているからでしょう、

「困った人だなあ…w」

と言わんばかりの笑みを浮かべた程度でした。彼も、あんなに楽しそうな大先生に、

「笑六法先生の実像は、あれの約25.64%程度ですよ」

なんて残酷な真実は、語れなかったにちがいありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*