Home » NEWS » 鎌倉殿の13人・滅びゆく一族

鎌倉殿の13人・滅びゆく一族

「鎌倉殿の13人」では、早くも毒キノ子菊地凛子が登場すると笑ってしまうようになった、非常に訓練された三谷幸喜教徒の私です。そうだ、フラレタリアートから始まって美女独占者になり果てた義時は、もっともっともっともっと虐げられろ!

とまあ、お笑い要素から入ってみましたが、お話の本筋自体はまだまだまだまだ陰惨路線が続き、男から見ても男前な畠山殿の退場も迫っています。あんなキモ雅の謀略によって討たれるなんて、浮かばれないにもほどがあります。

キモ雅と言えば、「牧氏の変」で時政と牧氏が実朝に代わって娘婿の平賀朝雅を4代将軍にすげかえようとした・・・という陰謀を日本史の教科書で?読んだ際には

「ちょwww時政www気でも○ったかwwwwww」

と思いました。頼朝の血統ゆえに尊い将軍家系を自分の娘婿で替えるくらいなら、自分で将軍になった方がいいだろう、というのが当時の正直な感想でしたが、実際には朝雅が次期将軍(予定)に抜擢されそうになったのは、「時政と牧氏の娘婿」という面だけでなく、頼朝から見れば祖父の祖父にあたる源義家の弟である源義光の男系子孫で、頼朝にも非常に可愛がられていたという面も大きかったことは、後に知りました。いや、もう少し血が近い男系いただろ…とはツッコみたくなりましたが。たくさん兄弟をつくっては殺し合うのか、殺し合うことを前提にたくさん兄弟をつくったのか。どちらにしろ、清和源氏は修羅の一族です。

そんな修羅の一族の最期を飾る、とても13歳に見えない13歳の実朝にも今回はスポットが当たりました。第3代鎌倉殿とかいったって、第2代の兄があんなことになった後なんだから、人格への悪影響が半端ない・・・。根が文系の実朝は、兄とは違った方向にねじれていくのです。嗚呼、滅びゆく源氏よ・・・。ちなみに、実朝が死亡した時点で、実は頼朝の血を引く男系男子が公暁以外にも2人残っていたことは内緒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*