Home » NEWS » 家康絶対殺すウーマンの誤算

家康絶対殺すウーマンの誤算

「どうする家康」の淀殿について「家康絶対殺すウーマン」という書き込みがあって、ついワラってしまいました。確かに今回の淀殿は、賤ケ岳で母を見捨てたという恨みもあって家康への情念が物凄く、チャンスさえあれば家康を秀頼もろとも爆殺くらいしかねない強烈さです。。。私は竹内結子さんVer.の方が好きだなあ…

しかし、方広寺の釣り鐘を家康への挑戦状に使った…という今回の脚本だと、致命的な問題が生じるような気がしなくもありません。いや、「呪詛」が不能犯ではなく殺人の実行行為とされていた時代に「気づきませんでした」はないだろう…ということで、ガチの呪詛説もあるということは知っているのですが、単なる呪詛を超えて家康への挑発までいってしまうと…

望み通り徳川と開戦となる

→籠城するも、あてにしていた秀吉恩顧の大名の裏切りなど皆無のまま追い詰められる

→外堀を埋めるという不利な条件で和睦

…というその後の史実の流れに照らし、淀殿があまりにおろかすぎる気が…。

ちなみに、大坂の陣の開戦のきっかけとなったことで有名な方広寺の鐘の現物が普通に残っていることは、今回初めて知りました。やっぱり、単なる難癖だったんじゃね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*