Home » NEWS » ギョーテーの激震

ギョーテーの激震

学生の頃、主食のひとつだった「餃子の王将」では、「ギョーテー」といえば「餃子定食」のことだった(今の最寄りの王将ではないようですが・・・)のですが、弁護士業界で「ギョーテー」というと、「業務停止」を意味します。

家に帰って何気なくネットを見たところ、全国に支店網がある巨大法律事務所が「業務停止2月」の処分を受けたニュースが出ていて、ぶったまげました。

弁護士の場合、業務停止処分を受けると

・既に期日が決まっている訴訟や調停、交渉中の案件を含め、全業務ができなくなる。

・顧問契約は、契約継続=弁護士業務を続行とみなされる可能性が高いため、辞任ないし解除せざるをえない。

・事件の進行にも大きく影響するだけに、顧客に説明しなければならないが、それを説明してなお「では、停止明けに再度お願いします」というお客様はたぶんあまりいない。

・辞任する場合、受取済の着手金の清算が問題として浮上する可能性が高い。

・その一方で、事務所の家賃や一般事務職員の給与は当然出ていく(弁護士は契約内容次第)。

という状態になります(((((( ;゜Д゜)))))

日弁連への異議申立も予想されるので、事態の推移を見守るしかありませんが、今回の懲戒内容は、一般顧客に責任がある話ではありません。顧客に迷惑がかからない形になればよいのですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>