Home » NEWS » えっちなのはいけないと思います。

えっちなのはいけないと思います。

外出先から事務所へ戻ってくると、全く心当たりがないにもかかわらず、えっち先生(白)から私に電話があったとのこと(注・単にアルファベットをかなにしただけで、他意はありません)。

こういう時はたいていろくな電話ではないのですが、その後つながってみると、私の「ある望み」がかなえられなかったという通告でした。

「ああ、しかし、それでも貴男の望みは実らない」
「んなこたァ分かってんだよ!このえっち野郎が!」
「・・・聞き捨てなりませんねぇwww」

などという殺伐としたやりとり・・・ではなく(ちなみに、このパターンだと、その後の私の致命的な敗北が確定します)、非常に礼にかなったやりとりではあったのですが、残念なことに変わりはありません。

とはいえ、騒いだところで仕方がないことなので、私の宝具である「固有結界・無限の妄想」により、某追憶編のエンドロールでもひときわ印象深いあるシーンでの登場人物を置き換え(主人公は当然私ですが)、本来であれば1年前に終了してしまった光景を自らの脳内に展開することで、せめてもの慰めとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>