Home » NEWS » 聖戦の終わり

聖戦の終わり

昨日、私が本庁で担当国選事件の言い渡しを受け始めた時間と偶然全く同じタイミングで、県内の某簡裁にて「聖戦」の和解が成立しました。

自営業者の誇りをかけた戦いとして、全請求を貫徹したうえで遅延損害金についてもびた一文負けず、判決まで戦い抜くことも想定していたのですが、考えてみれば、判決に行って負ければ当然控訴し、勝てば相手に控訴されるため、控訴審では本庁の裁判官や修習生に私の売上や所得が白日の下にさらされることになります。幸い裁判官の提示した和解案は、某損保が事態をこじらせる以前に想定していた金額を優に上回っていたことから、応諾することにしました。担当代理人からは、

「某重要証人の反対尋問が見たかった」

と残念がられましたが。。。

今日からはまったく別の裁判員裁判に突入中。忙しさとプレッシャーがやばいっす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>