Home » NEWS » 幻の新税制

幻の新税制

当事務所の経営を安定させる方法として、旧町名が私の苗字と同じだったらしい富田町二丁目で営業する弁護士から、売上の1%を上納してもらうという新しい税制を思いつき、早速富田町二丁目で事務所を開業する弁護士にその請求を行ったところ、大笑いされた上で、

「まずは同じ建物の先生方が支払いに同意されたら、私も喜んでお支払いしましょう」

という条件付き承諾を得ました。

そこで喜び勇んで同じ建物の先生方に請求しようと思ったのですが、そのうちある先生からは、どう考えても1%の税金を請求したことに対する精神的苦痛について毎年の売上の10%の慰謝料の支払いを余儀なくされそうだという現実に気づき、泣く泣く妙案を諦めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>