Home » NEWS » 公開、「あな街指数」

公開、「あな街指数」

岡山の弁護士不在市町村15における弁護士不在のひっ迫度と、弁護士会の認識の格差、すなわち「穴場度」を、「あな街の相談者数÷派遣弁護士数」の指数で表現する手法を開発しました。題して、「あな街指数」。

この手法で今年の結果を分析したところ、上位ベスト6は

里庄町>赤磐市>吉備中央町>鏡野町>浅口市>西粟倉村(!)

という結果に。穴場度と言いながら、実に順当な結果に終わってしまいました。

新首都(予定)が上位に入るのは当然のことですが、里庄町+浅口市、赤磐市は、岡山に残された最後のアルカディアになる可能性があることを物語る数値です。笑六法は、若手の地方での独立開業の希望者に対し、「あな街指数」による精神的、無形の支援を惜しまないことを、ここに約束いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>