Home » NEWS » たったひとつの真実

たったひとつの真実

今日の某重要会議で、最近委員会の出席率が下がっているというテーマに関連して

「3年5委員会ルールによって登録3年以内の若手がやりがいを感じている委員会から半強制的に引き離されることで、委員会活動への意欲を失い、さらには委員会への出席という習慣自体が失われている可能性があり、3年5委員会ルールの撤廃も含めて検討するべきではないか」

と発言したところ、温泉旅館の安楽椅子で猫を膝に乗せながら悪だくみをしているのがよく似合いそうな悪の領袖先生から

「笑六法君は実にいいことを言った。確かに20年も前にできたルールである2プラス1ルールは撤廃も含めて検討するべきだ」

というお褒めの言葉が。・・・え、2プラス1ルール???私の戸惑いをよそに、このディスコミュニケーションに対して誰からもツッコミがないまま、次の議題に流れてしまいました。

果たして単なる言い間違いなのか、それとも本気で勘違いされているのか。。。3年5委員会ルールも約20年前、2プラス1ルールと同時期にできたルールであるため、話の内容からはどちらなのか断定できません。しかし、岡山弁護士会における2プラス1ルールとは、過去にいくつもの執行部が水面下で改正の可能性を探っては、激しい世論の反発を食らうことが必至と悟って撤退してきた、かつての日本における消費税や小選挙区制導入のようなテーマです。自らの政治生命を賭けてその撤廃を目指すというならば止めはしないのですが、若手からほぼ総スカンを食らうこと必定なこのテーマについて、「某重要会議での笑六法の発言が契機となった」などということにされては、私はあまりに浮かばれません。

というわけで、周囲の何人かの参加者に

「あれって、悪の領袖先生の言い間違いですよね?私、2プラス1ルールが要らないなんて、ひとっことも言ってませんよね?」

と自らの安全のための言質を取るべく工作をしてみたところ、皆さんも同じことを思っていたようで

「そうっすよねwww言い間違いでしょうwww」

「いやいや、心の中の願望が笑六法先生の言葉を勝手に変換したのかもしれませんよwww」

などという反応だったので、いちおう私の安全は確保されているようではあるのですが、しょせん他人事の彼らがどこまで今日の経緯を覚えているかには不安があります。不利な戦況に直面し、小泉孝太郎徳川慶喜にいったん撤収して態勢を立て直すよう進言しただけなのに、敵との決戦を前に、前線の兵を見捨てて自分たちだけ江戸へ逃亡する理由づけにされてしまったあげく切腹に追い込まれてしまった斎藤工神保修理のようにはなりたくありません。

というわけで、私は私の持つ唯一の言論媒体である「笑六法」にその歴史を記録することによって、私の真実をこの世の片隅にとどめおくものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*