Home » NEWS » 無関係・無駄に熱い季節

無関係・無駄に熱い季節

全国の弁護士たちの事務所に対し、全く心当たりのない、ないし司法研修所卒業以来会っていないはずの弁護士からの電話が続発する期間がやってきました。日弁連会長選挙期間に突入したようで、私のところにもかかってきていました。心当たりのない女性弁護士から電話をかけさせるとは、もしかすると、その陣営は私の歓心を買うためにあえて声美人を私担当にしたのだろうか・・・とうがった見方をしてしまう今日この頃。

こうした電話に対し、一般的な会員は、会長が誰になろうと基本的に実務への影響はないと思っている人が大多数であるため、

「〇〇候補への投票をお願いします!」

という電話に対して

「考えときます」

的な回答をしがちなのですが、そうした対応だと、彼らのリストに「△(態度未定)」と書かれてしまうため、日を置いて再電話をされるリスクが高まります。それよりは、どうせ無記名投票なのですから、た と え 嘘 で も、

「分かりました!あなたが推す候補者に投票します!」

と答えて名簿に「◎」をつけてもらうか、

「すみません!うちはボスの意向でば別の候補者に入れることになっているんです!」

と答えて「×」をつけてもらうかのどちらかに徹した方が、無駄な再電話が省かれて自分だけではなく相手も幸せになれるということは、おそらく真理なので、ここでご紹介させていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>