Home » NEWS » 総理大臣の特権

総理大臣の特権

東京五輪の延期が事実上決定。まあ、欧米の様子を見たら仕方がないと思います。このニュース関係で、安倍首相の引退も1年延びるのだろうかとか、森元首相も随分老けたなあとか考えながら、私の出生以降の日本の総理大臣を順々に並べてみました。

三木、福田(父)、大平、鈴木、中曽根、竹下、宇野、海部、宮澤、細川、羽田、村山、橋本、小渕、森、小泉、安倍(1)、福田(子)、麻生、鳩山、菅、野田、安倍(2)

・・・といっても、中曽根以前の記憶は全くありませんが、私が繰り返し、繰り返し熟読した「ドラえもん」単行本の中で、のび太とドラえもんが、宇宙人の侵略を防ぐため国になんとかしてもらおうと首相官邸の「三木首相」に電話を掛けるシーンがあったことから、幼少時の私にとってのザ・総理大臣は、生後1か月で退陣したはずの三木首相だったりします。てんとう虫コミックス10巻「ニセ宇宙人」のお話ですが、版によっては「鈴木首相」だったり「中曽根首相」だったりする模様なので、ここの印象は、世代によってずれがあるかもしれません。

閑話休題。1人で2回総理大臣をした安倍政権を2代と数えると、43年間で実に23代の総理大臣が現れては消えていったことになります。そりゃあ、大したことがない人もいれば、ろくでもない人もいました。しかし、1人平均2年もないのはいかがなものかとも思います。ちなみに、この中で長期政権順ベスト3は安倍(2)、小泉、中曽根の順なわけですが、その次に長かったのは誰かと考えてみると、かなーり微妙だったりします。政界で何十年と王道を歩んだ人々が、これだけ短期間で次々倒れていく総理大臣なる職業?立場?など羨ましくともなんともありませんが、ドラえもんのセリフの中に名前を刻まれた方たちについては、無条件でうらやましい限りです。福田(父)と大平は泣いていい!

それにしても、首相官邸の電話番号を知っていたのび太とドラえもんは只者ではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>