Home » NEWS » わしが育てた

わしが育てた

私の事務所の初代所属弁護士である弟子1号が独立して3年ちょいが経ちました。

さる事情で無罪主張の被告人を彼に紹介したところ(利益相反のおそれがあったためで、逃げたわけでは断じてありません!)、見事に無罪判決を勝ち取り、昨日無事に確定したという報を受けました。

しかも、今朝のニュースを見ると、彼が別の事件、しかも岡山を騒がせた事件でまた無罪を取ったという記事があり、(  Д ) ゜゜となりました。当事務所の在籍時に確か3件、そして先日の事件の報告を聞いた際に「通算5件目」と言っていたので、さらに増えたということなのでしょう(最新の事件はまだ検事控訴の可能性がありますが)。

9年で6件、しかも「弁護団の末席で名前だけ載ってました」の類を一切含まない実数でいけば、日本でも屈指クラスなのではないでしょうか。

これは、今は亡き★の1001さんの名言を、私も発する資格があると思います!

「わ し が 育 て た」

・・・ちなみに、この言葉について、アンサイクロペディアが珍しくまっとうなことを書いていて、

「育てた」というコメントは即ち、部下を一人前と認めている証でもあるため、この手の上司が本当に部下の手柄まで吸い取ることは少ない(むしろ対象となった部下の価値は高まるケースが多い。ノムさんの自慢話に取り上げられた選手や、原に叱責された選手などが典型であろう)。 (引用、以上)

というのは的を射ています。当事務所が自由と成長を両立できる気風を持っていることの実例です、きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>