Home » NEWS » 「あの男はバンカーじゃないんだ。ただのバーカ」

「あの男はバンカーじゃないんだ。ただのバーカ」

「半沢直樹」終了。

今回は、本来一銀行員が対抗できる範囲を大きく超えた政府権力≒与党の悪徳幹事長が相手だけに、悪人以外がすべて寝返ることですべてが解決するところにツッコミどころ満載でしたが、それも含めて楽しんでこその「半沢」なのでしょう。ただ、悪徳幹事長に恫喝された後、どこに出向を言い渡される予定だったのかが気になります。「東京中央クレジット 八丈島支店長」とか楽しそう。

それにしても、悪徳幹事長はどうして帝国航空の債権放棄を発表する(予定の)記者会見に出席したのでしょうか。担当大臣の小池蓮舫(今日は三原じゅん子分まで加わりましたがw)、タスクフォース代表の乃原弁護士は分かるとしても、与党の党務の実質的責任者(たぶん)にすぎない悪徳幹事長があの場に出てくる理由がないような気がするのですが。。。あと、海外銀行とはいえ自分名義の預金で100億8000万円の出入金って、不動産取引にはダミー会社を使っていたのに、肝心のそこで自己名義の口座を使ったら台無しでしょう。そこは権力を使ってでも他人名義や架空名義の口座を確保しないと。。。

まあ、どうあっても最後の最後に小物感を丸出しにしてしまうのは、「敵役」の悲しさです。ちなみに、悪徳幹事長役は、最初、柄本明ではなく小日向文世にオファーしていたというネット記事がありました。「真田丸」の秀吉を思うと、それはそれで納得の配役です。

頭取は、結局悪に屈服してはいなかった・・・とのこと。しかし、悪徳幹事長に資料を「決定的ではないから」渡したといっても、それによって悪徳幹事長から得たものは何もなく、結局半沢たちに丸投げ。与党幹事長、大臣らとの共同記者会見に出席予定だったのに、次長に丸投げして同行すらしないというのはいかがなものでしょうか。記者会見自体は乃原弁護士の仕切りだったっぽいので、あの場で異常を察して、頭取が来ないことを理由に会見自体を中止されるおそれは十分あったわけです。

あとは、前回人気が出てしまった大和田取締役までいい人にしてしまいました。前シリーズで不正融資によって私腹を肥やしていたことが明らかになった、いい人。人気があるって、いいなあ。。。

対照的に、ロースクール組の星だったはずの乃原弁護士は、「強要未遂で弁護士会を退会処分(退会命令?)」となってしまい、弁護士資格を失ってしまったそうです。果たして何が「強要未遂」だったのか、よくわかりませんでした。タスクフォースの一員として銀行団に債権放棄を迫ったことだとすれば、タスクフォース前提の意思決定にこそ責任があり、一個人の責任をどうこう言うべき筋合いではないと思うのですが。彼の場合、恫喝やパワハラをやりまくってそうなので、そちらでの懲戒と言われれば納得できるような気がします。

今回で原作を使い切ってしまった(今月発売の新作は、前シリーズより前の時代のいわば「半沢直樹 zero」)ようなので、このメンバーで新シリーズを制作することはもうないでしょうが、まさに「令和の勧善懲悪劇」でした。ただ、あれを見て銀行員に憧れる若者は、いない気がします。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*