Home » NEWS » 哀しいまでに「彼」だった・・・

哀しいまでに「彼」だった・・・

パ・リーグのクライマックスシリーズのTVをつけたところ、ちょうど3-3から澤村が自ら二死満塁のピンチを招いて、甲斐のボテボテ内野安打で勝ち越しを許したところで、ナキワロタ。。。

160km/h近い剛速球、2四球等で満塁の危機を招き、打ち取った当たりで勝ち越しを許す・・・。ロッテさん、もしかして気づいていなかったかもしれないけれど、彼はそういう男なんです。。。( つДT)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*