Home » NEWS » 鎌倉殿の13人 -ヤマコーが 畳の上で 死ぬなんて

鎌倉殿の13人 -ヤマコーが 畳の上で 死ぬなんて

「鎌倉殿の13人」第一次キャスト発表第三日は、三谷脚本大河3連続出演となる山本耕史が三浦義村であることについて。

もともと「三谷組」とも呼ばれる俳優を使いたがる三谷作品の中でも、山本耕史は 「新撰組!」で土方歳三、「真田丸」で石田三成と、かなり重要キャラをあてられてきた存在です。よって、今回は「出演するかどうか」ではなく「誰の役なのか」が気になるレベルの存在だったのですが、三浦義村とは。。。

三浦義村と聞いて直ちに何者か分かるのはかなりの日本史ヲタですが、彼は「北条義時の盟友」と表記される通り、鎌倉時代初期におけるかなりの有力者であり、かつ「3代将軍実朝暗殺の黒幕」の有力候補とも言われる通り、かなりの黒い存在でもあります。何よりの特徴は、 少なくとも史実としては、天寿を全うしたとしか思えない年齢まで生きるということです。
過去の三谷作品では、やはりそれぞれの黒さを秘めた役を演じていたものの、土方歳三は本編では死ななかったものの、スペシャル版の五稜郭で死亡、石田三成は光速関ヶ原で死亡・・・とロクな死に方をしなかった山本耕史が、今回はあんなに黒いのに畳の上で死ぬのかと思うと、世の中の不公平さを目の当たりにさせられて、なんだか悔しい気がします。まあ、本当に畳の上で死ぬかどうかは分からない(そもそも鎌倉時代に畳はあったのか?)、と自分を慰めようとしたのですが、もっと冷静に考えてみると、三浦義村は北条義時より長生きだったようなので、そもそも作品内では死なないじゃないかと気づいてしまいました。。。

三浦義村は北条義時と組んで様々な血生臭い陰謀をめぐらせるはずなのですが、「真田丸」で命を賭けて守ろうとしたはずの秀頼様(中川大志)を、今回は主人公と共謀して嵌め殺す石田三成なんて、見たいような見たくないような複雑な気持ちです。今回「鎌倉武士の鑑」に転生することになり、「ようやく戦えるのか!とワクワクしています」とコメントしている秀頼様がおいたわしくてなりません。やっぱり大坂の陣では出陣したかったんだね。。。

まだ範頼、義経、そして頼朝+全成の源氏兄弟や北条時政らのキャストが残っているため、主要キャストが「新撰組!」や「真田丸」からどう転生してくるかを楽しむのもまた一興でしょう。噂では、近藤勇、真田信之・幸村や豊臣秀吉といった大物たちが、これから転生してくるのではないかと言われていますので。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*