Home » NEWS » 武家の男子!

武家の男子!

「新九郎、奔る!」に聡明丸様キター!!!しかもイメージ通り!

※ゆうきまさみ先生or小学館から叱られたら直ちに消します。

私が忠誠を誓うことにした若君様だけのことはある、この聡明そうな顔立ちと毅然たるセリフ!父親の勝元は、史実を見る限り、現実主義の権化だったとしか思えないのですが、そんな彼が満42~43歳で(私より若くして)病死する際、当時7、8歳の聡明丸様について

「この子がいれば、細川京兆家は安泰である」

と、豊臣秀吉とは正反対に安らかな最期を遂げたらしいですから、実際にこんな感じの若君だったのではないかと。

このセリフが聡明丸様自身、そして細川京兆家の破滅フラグだなんて、歴史を知らずに読んでいたら、夢にも思わないことでしょう。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*