Home » NEWS » 指導担当弁護士の条件

指導担当弁護士の条件

「リーガルエッグ」弁護編の花家弁護士ですが、果たして裁判所で「全戦全敗の弁護士」と噂される弁護士に指導担当を委嘱する弁護士会はいかがなものなんだろう。。。

ちなみに、岡山弁護士会において修習生の指導担当を委嘱される弁護士は、法曹経験7年以上という形式的要件以外の実質的要件においても、人格、能力においてそれなり以上の評価を得ている方たちのはずなので、「全戦全敗の弁護士」のような方はいない・・・んじゃないかなあ。。。

少なくとも笑六法弁護士が過去何度か委嘱される程度には、きちんと選別されているはずなのです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*