Home » NEWS » 新九郎、奔る!

新九郎、奔る!

突然細川家に忠誠を誓った記念として、「新九郎、奔る!」(ゆうきまさみ)を読み始めました。マイナーな時代を取り上げる漫画は別に「逃げ上手の若君」だけではなく、これは伊勢新九郎盛時=後の北条早雲の生涯を描く・・・予定のはずです。でも、なぜか序盤は応仁の乱を割と丁寧に描いていることから、右京大夫(と書いて、「かつもと」とルビを振る作者は分かっている)と聡明丸様(政元の幼名)が出て来ます。あと、まだそこまで進んでいませんが、いずれ物語は伊勢家の所領である荏原=岡山県井原市へと移るようです。この時期の備前、備中は、京の都との縁が深いがゆえに、応仁の乱とも深くかかわらざるを得ないのです。赤松政則は出てくるのだろうか。

しかし、それより何より、この漫画の魅力は伊都たん(*´Д`)ハァハァなわけですが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*