Home » NEWS » 芸備線(in岡山)終了?

芸備線(in岡山)終了?

以前から鉄ヲタでもないのになぜかトレースしていた芸備線の岡山県内区間で、ついに絶望的な動きがありました。JR西日本が存廃問題も視野に入れた議論を正式に新見市、庄原市へ申し入れたとのことです。

岡山県内の芸備線はこのまま廃止されるのか? – 笑六法 (aozora-law.info)

県境の向こうに秘境駅の双璧を見た! – 笑六法 (aozora-law.info)

名誉岡山地域の滅びゆく駅舎たち – 笑六法 (aozora-law.info)

協議対象に三次市が入っていないということは、今回の廃止区間は備後落合or備後庄原~備中神代区間なのでしょう。

ちなみに芸備線とは岡山県南部の住民にとってはマイナー路線で「ゲイビ線」と言われても漢字を正しく書けない人が多数いると思われるのですが、広島県民にとっては広島駅を走っているため、メジャー路線なんだとか。広島周辺は問題ないのですが、広島を遠く離れた区間は全国有数の閑散区間ということで、「次に廃止されるのはココでは?」という噂は強くあり、だからこそ庄原市を含む広島県内の自治体は、芸備線維持のための運動をしていた気配があったのですが、新見市には一切参加の気配がありませんでした。

まあ、新見市の立場になってみれば十分理解できるもので、芸備線のドン行を使って広島市内に行く機会など皆無でしょうし、存廃問題が浮上する可能性があるもう一つの路線である姫新線と比較した場合、沿線自治体の高校生たちの通学需要があって費用負担等の話し合いも可能であろう姫新線に対し、芸備線の場合は旧神郷町、旧哲西町の高校生による新見中心部への往来+旧東城町への往来需要を秤にかけた場合…。。。

私が1年以上たどりつけなかった岡山県随一の秘境駅で、「伯備線所属なのに芸備線しか止まらない」という謎の属性を持つ布原駅は、果たしてどうなってしまうのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*