Home » NEWS » 尊皇派の苦悩

尊皇派の苦悩

宮中のさる尊きお方が周囲の反対も顧みずに純愛を貫かれるとのことで、なぜかなまず殿下がネットでたたかれているのが、おいたわしくてなりません。

結婚相手について娘が親の意見を聞き入れてくれないというのは、少なくとも家父長権絶対の法則が生き残っている地域でない限り、娘を持つ父親の誰もが直面しかねないお話でもありますし、そこで

「娘の結婚を父親の権力で阻止しろ!」

なんて、実際に実行してしまった方が袋叩きにされるはずなのですが…。

ただ、この問題は、皇族の減少問題と関連して、「男系男子維持VS男系女子(-女系男子?)」の議論にそこそこ影響を与えかねないということで、なまずも柴犬も愛する尊皇派容認の私としては、身が切られるようにつらい思いをこらえきれないのです。

時代は尊皇! – 笑六法 (aozora-law.info)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*