Home » NEWS » うましか先生来たる

うましか先生来たる

当事務所の6.5代目修習生であるうましかくん改めうましか先生が、人権擁護大会で岡山に来たということで、顔を出しました(うましかくんの名前の由来は、こちら。→うましか修習生 – 笑六法 (aozora-law.info))。

まっとうな弁護士としての経験を積んだうえでのうちの事務所での修習の感想を求めたところ、「移動距離が・・・」とのこと。まあ、副担当のわずか3週間弱の間に岡山の地裁本庁・全支部をコンプリートしたりとか、

「どこかは忘れたけれど、裁判で行った独立簡裁所在地の風景(の閑静さ)に圧倒されました!」

という大自然パワーに触れたりとか、なぜかK市の中でもちょいと周辺部に行った際に

「別荘地はいかがでしょうか?夏には海が見えるどころか毎日海水浴に出かけられるリゾート・スポットとして、将来性は無限大でございます」

と私のセールストークを受けたりとか(逆に「ぜひほしいです!物件を紹介してください!今すぐに!」と言われたら、進退窮まっていたような・・・)、岡山県の広さだけは十二分に体感していただけた弁護修習だった気がします。

今や日本有数の某大都市で弁護士となった彼の人生に、それらがどれほど役に立つかはともかく、当事務所での経験が「ヘンな事務所でヘンな弁護士の指導という名のハラスメントを受けた」という形ではなく、彼の成功に資することを願っております。・・・といっても、彼の場合は、私がわざわざ成功を祈念するまでもなく、勝手に成功しそうではあるのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*