Home » NEWS » Jリーグ、泥沼の争い

Jリーグ、泥沼の争い

昇格争い、残留争いとは無関係なところで、なぜか圧倒的に強くなったファジアーノ岡山。・・・でも、こんな時期に「チームが完成した」と言っているようでは、いつまで経ってもG1には上がれないというのも真理なのです。実は、後半戦勝ち点では、これでも6位タイだとか。今年も大量の主力選手の異動があるのでしょうが、来年こそは夢を見たいものです。

・・・と、夢を語れるのはまだ結構なご身分で、J1、J2の残留争いもいよいよ佳境です。とりあえず来年のJ2は

(OUT)磐田、京都(→J1)、北九州、愛媛、松本、J3の結果によって0~残りもう1か所(→J3)

(IN)大分、仙台、横浜FC+(清水、湘南、徳島のどれか)(J1→)、(盛岡、熊本のうち1or2)

まではほぼ確定です。北九州だけは数字上では残留の可能性がなくはないものの、得失点差を考えると・・・ということで。

上から落ちてくるのはいつものメンバーという感じですが、仙台さんとはずいぶんお久しぶり。・・・来年の昇格争い、きついな。。。

愛媛の降格によって、J2連続在籍では、岡山は名実ともに水戸に次ぐナンバー2タイに(東京Vと同期)。無名監督を連れて来ても、途中解任はせず、とにかく「落ちない」岡山の編成部は、冒険が嫌いなだけで、たぶん有能なのでしょう。そんな彼らが勝負を賭けるという噂の来年とは、果たしてどんな光景が広がるのでしょうか。

そして、名将反町監督を引き当てて2度J1に行った(そして毎年のように岡山から主力を引き抜いていたイメージがある)松本が最下位降格。誰かが言っていた

「岡山には専用スタジアムの熱い雰囲気がないからだめなんだ!」

という主張は 嘘 で し た 。直接対決ではカモと言っていい相手だけに痛手と言えば痛手なのですが、どうせ落ちるならやはり資金力のある大宮を道連れにしてくれればいいものを、最後に無駄に追いついたせいで、大宮が残って相模原が道連れにされそう。。。恐るべきJリーグ沼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*