スリリングな日常

先日、実は先輩にあたる鋼鉄の兄貴から役職を引き継いだ、出身中学校の評議員会に出てきたところで、中学生時代の私の役職に、「風紀委員会」が含まれていたことを思い出しました。

今の私を知る方からすれば、

「こいつに風紀の何を取り締まらせる気なんだ・・・」

とツッコみたくなるでしょう。そのミスマッチっぷりたるや、人によっては某○(マル)大ローの初期における「法曹倫理」の担当実務家教員の次くらいに位置付けられそうですが、すべて事実なのだから仕方がありません。

私の中学生時代の委員会遍歴は、

http://aozora-law.info/blog/?p=741

http://aozora-law.info/blog/?p=744

http://aozora-law.info/blog/?p=748

で過去に記載した通り、2年後期が生徒委員、3年前後期が交通委員なのは確かですが、風紀委員は記憶では2年前期だったように思うものの、自信はありません。もっとも、ツンデレな眼鏡っ娘委員長がいるわけでもなければ、腕章を突き付けて「ジャッジメントですの!」と叫びながら不良生徒を懲らしめたりすることなどもなく、むしろ私自身が過去ログで「割と責任の軽い委員」と断じてしまっているあたり、母校における「風紀委員」の活動が、アンサイクロペディアにおける「風紀委員」の記載の通りであったことを裏付けてしまっています。。。

母校や多くの現実の学校と違い、組織内の悪と対峙して懲罰を加える権能を与えられる風紀委員会・・・とは、実は創作ものにおける定番であり、組織の綱紀粛正や脳内のドーパミン物質分泌の活性化といった好影響が期待できます。その観点で言えば、私を討たんと狙っている風紀委員会は、まさに現実より創作上に近い、理想的存在と言えます。

笑六法は、風紀委員会に狙われるという日常的非日常の中、日々綱紀とドーパミンに満ちた日々を送っているのです。

 

ミステリアス・ブルー

東京の成城には、金田一耕助最後の事件とされる「病院坂の首縊りの家」の名称のモデルとなった「病院坂」が実際にあるそうですが、坂の名前の由来となった病院での事件が主題となる小説と違い、現実では歴史を数百年遡っても、その坂近辺に「病院」があった形跡がなく、名前の由来を近隣住民すら誰も知らない・・・という、少し気味の悪いお話を聞いたことがあります。

岡山弁護士会で運用が始まってしばらく経った「青電話」ですが、その電話そのものが青くないことに、ようやく気が付いてしまいました。

果たして、「青電話」の「青」とは、何の「青」なのでしょうか。「青少年」?「青春」?・・・まさか「あおぞら」ではないと思うのですが。。。

負けに不思議の負けあり?

片面的黄金ペア(なんのこっちゃい)で臨んだところ、各論では5勝3分け0敗だったにも関わらず、総論では圧敗となる、謎の判定がこの世にはあるらしい。。。

by 黄金に申し訳ない石ころ

今年の10月22日は祝日です。

今年の10月22日が祝日でお休みだという事実に、最近気づきました。仕事の予定がそこにいっこうに入らないわけです。

この衝撃の事実は、その場にいた私以外の弁護士数名は全員知っていたようです。皆さんの忠誠心の厚さに感動しました。

増税倒産の危機

軽減税率が適用されるために消費税率上げの影響がないはずの食料品まで9月の売上が倍増した店がある・・・というニュースを見たのですが、増税の影響があるはずの業界である当事務所は、いくら考えてみても、先月の売上が倍増した・・・という事実自体がありません。いや、倍増どころか、まったく増えていません!(キッパリ)

駆け込み需要の恩恵を全く受けず、キャッシュレス決済の設備を整えていない当事務所はポイント還元の恩恵もないまま、消費税10%時代に突入してしまったわけです(後者は仕方がないのですが・・・)。よその事務所に生じたに違いない駆け込み需要による先食いの反動としての売上減は、今月当事務所を襲うことでしょう。そういえば、10月1日の売上は、ゼロ円でした。この日うちに来るはずだったお客様は、9月のうちにキャッシュレス決済を整えた某事務所に行ってしまったに違いありません。

果たして1年後も当事務所は存続しているのだろうか・・・と、不安になってきました。

 

贖い難き重罪

緒方監督辞任のニュースに驚きました。

70年間でリーグ優勝9回のカープにとって、5年間で3回優勝し、巨人以外で史上初めてセリーグ3連覇をなし遂げた緒方監督は球団史上最高といっていい実績(あとは古葉監督)のはずなのですが、カープファンが彼の采配を褒めているのを見たことはほとんどない不思議。。。とはいっても、まさか辞任までいくとは。

阪神にCS争いで負けた罪というのは、それほどに重いということなのでしょうか。でも、そう思うと仕方がない気がしてきました。

五車星よ、起ち上がれ!

〇大ロー原初の裏切り者であるユダ先生(注・最初の〇は、オーではなくマルです)が、私や彼自身を含む中堅の男性会員5名を「女神様親衛隊」(オリジナルは「女神様」でなく彼女の実名ですが)と称していましたが、メンバーにはなかなか納得させられるところがありました。

それを聞いて連想したのが、「南斗五車星」。慈母星を守るための戦いに身を投じ、そして散っていく宿命にある星たち…というと、なかなかかっこいい響きです。

というわけで、ユダ先生が挙げた名前をもとに、風のデスマスク、炎の変〇紳士、山のユダ先生、雲の笑六法、海の大将…という構図を頭に思い浮かべてみました。なぜか全員当ブログ限定の二つ名持ちですが、何はともあれ、そこそこ強そうです。

 

【今週の鬼太郎】最終章クルーーー!

玉藻前打倒をもって、地獄の四将編は終了。

地獄の四将編最終回にふさわしく、

・猫娘、まな+アニエス、アデルの仲間キャラ大集結

・魂になった仲間たち(砂かけ婆、子泣き爺、ぬりかべ、一反木綿)との一斉攻撃

という王道燃えバトルでしたが、何より驚いたのは、日本へ迫るA公国軍に対して開戦の決意をしかけていた(無能)総理を止めたのが、なんとねずみ男!9条の救世主www

何はともあれ、地獄の四将編もハッピーエンドに終わったわけですが、来週からは・・・「最終章ぬらりひょん編」。日本妖怪の総大将、満を持してクルーーーー!!!

でも、2年で放映終了なのね・・・orz

 

日英決戦祈願?

ラグビーにしろ、サッカーにしろ、ルーツ国であるがゆえに、統括団体より古くから各協会が分立していたゆえに国境にとらわれない「イングランド」「アイルランド」「スコットランド」「ウェールズ」それぞれ別チームとして参加できる「特権」を持つ英国(注・「アイルランド」は、アイルランド共和国と英国領北アイルランドの合同チーム)ですが、果たしてこれって、「特権」なんでしょうか?人口6600万人の戦力が、さらに分散しているような気がするのですが。。。

アイルランドを破った日本代表が、今後スコットランドも破って8強に進出し、決勝トーナメントでウェールズ、イングランドをも破った場合、

日本「やったー、優勝だ!」

??「ふはははは、何か忘れておるのではないか?」

日本「だ、誰だ!」

実況「あーっ、倒れていたイングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドが・・・合体した!?」

英国「女王陛下の名のもとに!我らユナイテッド・キングダム・オブ・グレートブリテン&ノーザンアイルランド!真のイギリスたる我々を倒さずに世界王者を名乗るなど、笑止千万!」

とか言って、隠しボスである真・連合王国代表との真の決勝戦が開催されるというのも、一興かもしれません。・・・合体して巨大化する敵が勝つことはまずないので、見ている分には愉快そうです。

問題発言

昨日の某弁護士(私じゃないよ)の問題発言。

「うちに来る修習生の条件は、男!酒が飲める奴!以上!」

・・・風紀委員のみなさーん、私を取り締まる前に、彼を取り締まってくださーい!