インセルとフラレタリアート

ネット上の記事から、最近「インセル」なる単語があることを知りました。

「インセル」とは、”involuntary celibate”という英語を語源とし、wikipediaによると、カナダで生まれた言葉であり、日本語としては「不本意の禁欲主義者」、「非自発的独身者」等と訳され、性的魅力等をめぐる競争は生まれたときから公正ではなく、それを認識しているのは自分たちだけだという理論を崇拝していて、性的魅力に恵まれた同性及び異性への暴力を是認する、男性優位主義者の生態系の一員であるのだそうです。

・・・これって、私が提唱した「フラレタリアート憤怒派」とかなり近い整理なのではないでしょうか?

私がインセルの定義と近い人々を「フラレタリアート憤怒派」として定義したのは、2014年のことだったようです。言葉としては20年以上前からあったという「インセル」よりかなり新しいですが、モテないことへの強い不満を持った人々を個人の個性ではなく社会的な階級「フラレタリアート」の一部と考えつつ(この考え方自体は私のオリジナルではありません)、その不満が女性や社会への攻撃性へ行きついた勢力(憤怒派)と、そうではなく自身の否定と無力感に行きついた勢力(絶望派)という異なるグルーピングの一方と定義することによって、より広い人々の生態分析につながる視点を提供していること、そして「インセル」が「男性優位主義者」=男性のみに限定しているのに対し、私がこれを男性に限っていないことについて、「インセル」とまったく異なる経路に基づいて、社会的現象に対する独自の分析と指摘の材料を提供しているという意味で、独自の存在価値を持つ学説だと、我ながら感動しました。

「インセル」という言葉自体は、語源からすると絶望派も含めたフラレタリアート全体を指す出発点から出てきたにもかかわらず、その意味において「憤怒派」と類似の意味で使われているという状態ですが、これからのこの層についての議論については、私の史観も極めて大きな意味を持つような気がして、内心で歓喜した次第です。

 

 

笑六法もかくありたい

「眠りの小五郎」こと毛利小五郎の設定年齢が38歳と知って、ショックを受けています。年下かよ・・・

「眠りの小五郎」には、美人に弱いことやおだてに乗りやすいこと、ダメ人間なところ、その一方で一般に思われているよりはまっとうなポリシーも結構あるところなど、並々ならぬ親近感を感じるところが多々あるのですが、実際の彼はかなりのリア充。ぐぬぬ。。。

それにしても、私も尋問中に意識を失い、気が付くと「真のオレ」による反対尋問で真実を暴き出して勝訴している・・・という展開がないかなあ・・・

敗者は必ず死に急ぐ…?

人間、目を背けたい問題について話し合わなければいけない場合、それでも本当の問題に向き合わず、その問題の中でもどうでもいいところだけを茶化して話すことがよくあります。

私と某氏が岡山における某重大事項について話したとき、彼が

「岡山における暗黒地域は〇〇である!もし〇〇に××××の旗が立つ暁には、今の基盤を捨てて、自らの身を〇〇に捧げん!」

と高らかに宣言した(注・1割ほど盛ってます)のも、そうした心理の表れでしょう。公益のために身を捧げるという彼の覚悟は非常に美しい(私にはまねできないし、まねする気もないほど尊い)のですが、誤った前提のもとで偽りの戦地へとその身を捧げることを、人は「犬死に」と呼びます。

というわけで、某問題によって自殺的なうわごとをつぶやくほどに追い詰められている?某先生のために、こんな名言を捧げようと思います。

(以下引用)

人はギリギリせっぱつまって来ると無為に耐えられないものなんだ

ここまで築いた手牌を崩す その行為に耐えられない

そして勇気を出す 今まで人生で使ったことない勇気をな…

ククク…とんでもない弱虫が限りなく死に近い決断だってするもの…!

破滅を間近に感じてる人間は一種の狂人 解放を望むもの

地獄を見つめて生きるより

希望を追って死にたい-

そう望む…それが人間の末期……!

(銀と金(福本伸行)「第45話 爛れた欲望」より)

亀井

街で巨人の6番のユニフォームを着て歩いている男の子を発見し、反射的に

「篠塚?」

と思ってしまう世代の私にしてみると、最近(主に今季)の巨人は一気に世代交代が進んだ感があります。

そんなことを思いながら昨日のスタメンを眺めてふと思ったのが、

「亀井・・・この男はいったい何者なんだろう?」

ということ。

昨日の巨人のスタメンの中で、当代の6番である坂本を除くと一番名前を見聞きしてきた回数が多いであろう生え抜きベテランですが、いつの時代でも、彼があの巨人で長期間重宝されている理由がよくわからなくなります。

大卒ドラフト4位で巨人に入団。

入団後3年間の最高打率は.206、あとは1割台。

4年目の2008年に.268、5本塁打のプチブレイク。数字だけ見ると、本当にプチ。なのに、翌春の第2回WBCで日本代表に抜擢されて話題になる。

WBC帰りの2009年は正真正銘の大ブレイク、134試合に出場して.290、25本塁打。

けれども、その後は2桁本塁打はもちろん規定打席にも達しない日々。

主に亀井を見出した原監督の退任によって「亀井もやばい・・・?」と一部マニアを心配させる。現に、高橋政権初年度の2016年は、出番が前年比半減の憂き目に。

・・・しかし、その後亀井は不死鳥のようによみがえり、2018年に2009年に次ぐ2度目の規定打席到達。.254、13本塁打。

原監督が復帰した2019年は、昨日の時点でフル出場、.306、11本塁打で打率リーグ8位と爆走し、身初のシーズン3割を目指す。。。

ドラフト下位の選手に冷たく(かといって、上位指名に温かいわけでもない)、レギュラー級でも2年不振が続くと見切りをつけ、下手すると3割打ったり20本近く本塁打を打っても「物足りない」と同ポジションの外国人やFAを取ってくる傾向が強い巨人において、強打を求められても不思議ではない外野手でありながら、これだけ長期にわたって消えることなく生き残り続ける彼の存在は異彩を放っています。

厳しい業界の中で、今さら原監督や松井、由伸、阿部、そして現在進行形で輝いている坂本や岡本のようにはもうなれそうにない私ですが、願わくば亀井のようにしぶとく生き残り、

「なぜ笑六法はこの世界で生き残っているのだ」

などと言われるようになりたいものです・・・orz

日本の中心がここにある

「日本の北の端から南の端までを結ぶと、中間地点は岡山付近になるから、新首都は岡山(の吉備中央町)がふさわしい」

KIMG1253

・・・島ぬ人先生、早まったか!?

 

令和新首都の夢2

吉備中央町の首都移転フォーラムに行ってきました。

KIMG1250

かなりの大盛況だったわけですが、くまモンによってゆるキャラ人気を広めた熊本県を引き合いに出して

「今、首都移転を言っている自治体なんかない!だからこそ価値がある!」

という内閣府からのパネラーの発言に激しく共感。大阪や名古屋が表立って言うと少々いやらしいことでも、吉備中央町ならみんな許してくれるので、ここはぜひ町全体での首都移転ムーブメントの創出に激しく期待しています。

「首都崩壊」映画化ネタは著者本人に取られてしまいましたが、それ以外にも、

・人口・産業・都市の関係部署を統括する「首都移転準備局」を創設し、町長自ら統括する

・全職員の名刺に「1000万年大丈夫!地質学者が認めた地震と無縁の地!」などと入れてアピールする

・私を首都移転に関する有識者会議のメンバーに委嘱する

など、予算をあまりかけずにできることもたくさんあるはずですし、他人に勧める以上、その責任として、吉備中央町役場の吉備高原都市移転(まだやってなかったのかよ!)は必要不可欠でしょう。

笑六法は、吉備中央町への首都移転に激しく賛同しています。

 

 

令和新首都の夢

M町の会社の依頼を受任し、W町の後見申立を受任するなど、県内の「町」づくしの週ですが、そのオオトリは、明日の吉備中央町新首都フォーラムです。

おそらく通常人よりかなり卓越しているはずの私の妄想力を総動員しても、実現した場合にどのような展開が待っているのか読めないこの構想ですが、人は本能的に未知に惹かれるもので、この構想の行き先にはどんな未来が待っているのかを考えてみました。

・町外との大規模交通インフラの不存在がネックとなり、新鉄道敷設を決意。吉備高原都市-岡山空港-岡山駅を結ぶ新首都鉄道の実現を目指す。皮肉にも新首都論の最大の根拠である強固な岩盤でのトンネル掘削が障害となって難航するも、最終的にはJR西日本のリニア新線、伯備新幹線構想の実現によって解決。難所のトンネル掘削の苦闘が、開通から20年後の「プロジェクト×」で特集される。

・同じ計画都市の首都である豪・キャンベラと姉妹都市を締結する。これに合わせて岡山空港にオーストラリア直行便定期便開通。

・官公庁や大企業の誘致に成功し、若年人口が増え始めた段階で、公立中学校を1校に統廃合してしまったことを思い出し、焦る。結果的に、その後各地に中学校の灯が甦る。

・吉備中央町の人口(2019/6/1時点で10,981人)が、県内で人口最少の市である美作市(26139人)を越えた段階で、「吉備中央市」への移行を巡る住民投票が行われるが、「首都なのに町」というギャップ萌えを狙うべきという意見に基づき否決される。

・ただし、首都としての威厳を示すため、地名のすべてに「賀陽区」「加茂川区」のどちらか(または吉備高原都市エリアに該当する区域に「吉備高原区」)を入れてみて、一見区政が施行されているように見せてみる。

・「令和の大合併」の一環として、美咲町から合併を申し入れられるも、「美作は『吉備』ではない」として、毅然と拒絶する。

・NPBが遅ればせながら4球団増設を決め、「首都にプロ野球チームがないのはおかしい」と球団結成を表明し、吉備中央新ボールパークとマスカットスタジアムで激しい綱引きとなる。

・首都なのに旧賀陽町は高梁、旧加茂川町は岡山という簡裁簡裁の股裂き状態は不都合ということで、全域を岡山簡裁に区割り直し・・・とみせかけ、岡山地裁吉備高原支部が設立される。

・岡山弁護士会が「高梁法律相談センター」から「吉備中央町法律相談センター」を分離。隣接する故郷をいつの間にか同業者たちに蹂躙されて「ぐぬぬ」とつぶやくだけだった民暴のタケノコ先生が波に遅れまいと独立を画策するも、そのころの新首都は、とても最高、ぴーぶりっく、東町総合、広島なのに岡のとはこれいかに・・・などに先に蹂躙されていて、結局「ぐぬぬぬぬ」とつぶやくところを笑六法に面白おかしく記事にされる

・・・たぶん、これらの予測など、実現した新首都のエピソードの0.00001%にもおよばないのでしょうが。ただひたすらに胸熱。

 

ミドリガメの誇り

滝川クリステルの結婚関連記事を読んでいて、彼女のwikipediaで彼女のペットについての記述を発見。ミドリガメを2匹飼っていて、名前は1号、2号とのことwww

投げやりな名前が私好みという点はさておき、最近冷遇されがちな外来種ということは見逃せません。すべての外来種を否定した場合、ハーフである彼女はどうなるのか・・・などという問題、お子様は決して気づいてはいけません。

というわけで、最近不遇なミドリガメをあえて飼うというその行為にこそ、彼女の誇りを見出したのでした。

ホアン・ルイの独語

私の某問題についての立ち位置が、果たしてジョアン・レベロなのか、ホアン・ルイなのか、それともヨブ・トリューニヒトなのかという問題について、どうやらホアン・ルイであろうという結論に達しました。

一番魅力的なのはヨブ・トリューニヒトなのですが、彼の立ち振る舞いの特異さは、表面的な言葉でもなければ、タカ派の領袖でありながら帝国領侵攻に反対したことでもなく、ジョアン・レベロやホアン・ルイが無謀な出兵に反対する議論の際に完全に沈黙を守りながら、評決で突如反対に回り、事後にマスコミに対してのみ

「私がこの出兵に反対であったことを明記していただこう」

と公言することによって政治的に最大の成果をあげたことにこそあると解釈するべきであるため、残念ながら私と彼の行動にはまったく共通項を持ちません。

かといって、ジョアン・レベロの場合、帝国領侵攻の失敗とトリューニヒト政権の崩壊によってまさに滅亡に瀕した自由惑星同盟に対する絶望的な献身は、まったく結果が出なかったことも含めて予測された悲劇以外の何物でもなく、私にそのような自己犠牲を求めること自体がライオンに菜食を求めるようなものであると言わなければなりません。

というわけで、私の立ち位置はホアン・ルイに確定したので、あとは野に下った私に、誰に対するどのような査問会出席の権利が与えられるのかどうかという問題であり、その日が来るのが楽しみでなりません。

まず隗より始めよ~吉備高原都市新首都の夢~

先日、事務所で普通に仕事をしていたところ、私とは全く関係ない自分の仕事で何やら電話打ち合わせをしていた別の弁護士から、突然声をかけられました。

「笑六法先生、吉備中央町の~さんが、先生とお話ししたいとのことですがー」

・・・「吉備中央町の~さん」と言われても、今、吉備中央町の依頼者や相談者っていたっけ???と考えてもさっぱり思い浮かばないまま変わってもらったのですが、彼女は下記記事の「謎の職員さん」でした。。。「吉備中央町の・・・」が住所地ではなく勤務先という発想はなかった!

http://aozora-law.info/blog/?p=5292

用事はなんと、下記シンポジウムの告知。

http://www.town.kibichuo.lg.jp/uploaded/attachment/2341.pdf

テーマ自体が素敵なことはもちろんですが、謎の職員さんの、相談会後の懇親会で一度会ったことがあるだけの弁護士にアプローチをかけてくる読経・・・もとい度胸は、嫌いではありません!www

というわけで、その日は2代目Tスポ編集長が手配師を務める某相談会で、誰にも振れない案件を最終処理する先として勝手に戦力計算されているような気もしていましたが、正式に頼まれたわけでもないので、このシンポジウムに行ってみることにしました。

ただ、日本地質学会の推薦にもかかわらず、吉備中央町を含めた吉備高原一帯が新首都候補であるという認識は、まだまだ一般国民のもとには届いていないように思います。吉備中央町も新首都(の一角)を目指すのであれば、誰よりもその覚悟をまず自治体に示していただく必要があります。このような重要プロジェクトの担当部署が「定住促進課」などという、人口減に悩む自治体にならどこにでもあるような名称の部署ではいけません。

というわけで、吉備中央町には、実態は定住促進や企業誘致といった現状であっても、

「首都移転準備室」

といった名称への変更を検討していただきたいところです。

そうすれば、名刺交換の際に

「初めまして、株式会社あおぞらコンツェルンです」

「初めまして、吉備中央町の~です」

「・・・首都移転準備室?これは・・・どのような部署で?」

「いえいえ、吉備中央町周辺は活断層がなくて大型地震のおそれが少なく、内陸なので洪水の心配もないので、日本地質学会から新首都候補地のご指名を受けて、町長もその気になっちゃったんですよー」

「wwwwww」

という形で、特にやばい要素もなく、罪のない話のタネとして活用することができます。

しかも、岡山周辺ではそれほどでもないと思いますが、特に首都圏あたりには、普通に日常生活を送りながらも、東日本大震災時の原発事故への恐怖や、いつか来る南海トラフの不安に震えている方はけっこういるらしいので、相手がたまたまこうした方たちだった場合、家に帰った後でネットに接続し、

「吉備中央町とやらは地震も洪水も心配ないとか言ってたけどほんまかいな。。。おお、ほんとだ」

とか言い出し、移住先の候補地に入ってくるやもしれません。また、様々なメディアにも面白おかしく取り上げられて知名度が上がれば、調教の進んだネット民になればなるほど、「首都移転」の話題が出るたびに

「吉備中央町の名前を挙げてないとはこのど素人め!」

などとツッコミを入れてくれることは、「大都会 岡山」という先例が実証してくれている通りです。そうすれば、「首都移転」の前段階において、「定住促進」という本来の使命も果たせるではありませんか!

マジレスをすると、首都移転はもちろん首都機能の一部移転であっても、基礎人口やインフラは今よりずっとずっと強化しなければ、候補地にも挙げてもらえないというのが現実です。そうであればなおのこと、長期的な視野での自治体・地域の基礎力の強化も「首都移転準備室」の不可欠な課題であり、大義名分も十分立つのです。

・・・書いているうちに、吉備中央町の町長選挙に立候補してみたくなるような胸が熱くなる抗争構想に発展してきましたが実際には貧乏暇なしで弁護士業多忙、かつ選挙の供託金を用意する自信もないのがほんの少し残念なところです。

何はともあれ、笑六法は、吉備中央町の新首都移転構想を、心から応援しています。