恐るべき血の宿命・・・?

笑六法家のご先祖様は、戦国時代に宇喜多直家に逆らい続けた挙句に勝ち馬に乗り損ねて、一度没落したものの、江戸中期に入って、何があったのか周匝陣屋の片桐池田家(岡山藩池田宗家の家老6家のひとつ)に突然召し出され、仕官を果たしてそのまま幕末に至る・・・という、名門なんだかそうでないんだかよく分からない微妙な家系です。

大恩ある片桐池田家を調べようと思って「吉井町史」を読んでみたところ、ご先祖様の名前を発見しました。


当家の当主は代々「難波三郎右衛門」を名乗る習わしで、それ自体が役職のようなものなので、同じ片桐池田家内で同姓同名が他にいたということはないと思います。

「幕末の片桐池田家の軍事力」で名前があがるとはなかなか物騒ですが、不穏となる世情に備えた軍事調練に参加した兵力・兵器の調達元だそうです。

この中で比較してみたら、

・自前の種子島大筒と長柄を用意できたのは三郎右衛門公だけ(御陣屋、御家老や大目付すら持っていない)

・預かり鉄砲(殿から預かった鉄砲)20丁もトップタイ

・家来と家中(1代で仕えるのが家来で、代々仕えるのが家中?)が合わせて35人もいる(御家老、御陣屋ですら「家中40名」)

片桐池田家の石高22000石に対する実兵力の動員が371人なのに、その1割弱をしかも維持費がかかるはずの武器付き(種子島大筒に至っては、唯一、それも20も)とは、下手すると家中の総合的軍事力ナンバー1ではないか・・・とも思える数字です。それなのに役職は空欄・・・さらに、 当家の伝承では、幕末頃は100石だったはずなのですが、 いったいどういうことなのでしょうか?

100石のうち、五公五民で手取りが50石だとすると、残るのは50石です。その収入で35人の軍事力を動員するというのは、「1石=大人1人が1年間に食べる米の量」という定義的に、破滅的な負担であるような気がします。っていうか、人間の半分は女性であり、さらに男性のうち軍事力としてカウント可能な世代は当時でも3割程度で、しかもそのすべてを同時に動員することの非現実性を考えると、無理というものです。

もしかすると、当家への伝承=100石というのが違うのかもしれませんが、もし伝承が正しいとすれば、新参者なんてこんな扱いなんでしょうか。それとも、ご先祖様の家来と家中には、フラレタリアートな独身者しかいなかったのかもしれません。なんか泣けてきました。。。

NPBと弁護士業界

菅野投手の今年の巨人残留が決定しました。コロナによる死者数が既に第二次世界大戦の戦死者数を越えたとも言われ、昨季のレギュラーシーズンも60試合に短縮された今のアメリカに渡ることの意味を考えると賢明な選択だと思いますが、彼と、あくまでも渡米することに決めた有原投手、それぞれの道があるということでしょう。

それにしても、年俸10億円というのは凄い世界です。子どもの頃に落合「選手」が「史上初の1億円プレイヤー!」となって騒がれ、その後も当面「1億円プレイヤー=超一流の証」という感覚だったことを覚えている世代としては、隔世の感があります。

先細りの業界に身を置いてしまった身としては、最高クラスの年俸が10倍以上、ついでに税金も半分強になっているはずのプロ野球の世界に羨ましさを感じた次第です。・・・私に菅野級の才能と努力が伴っているかどうかはまったく無視して。。。

哀しきシニアの独語

昼食によく行くうどん屋で割引がつくためプチ重宝している某社の会員カードですが、うどん屋での割引名目が「シニア割引」と表示されていることに気づき、愕然としました。。。

まあ、次の誕生日が来たら四捨五入で50歳になるから、シニアでしょーがないのかもしれませんがね・・・

でも、ここを読んで嘲笑っている人々も、いつか少年の親を事務所へ呼んだら自分より年下だったという衝撃を味わう日は、いつか等しくやってくるのです。・・・え、刑事や少年はやらないから来ない?orz

現代の偏諱?

当事務所の妙な共通点に気づいたところで、岡山のある事務所にも謎の共通項があったことを思い出しました。

その事務所は過去7人の弁護士が在籍した系列なのですが、ボスの名前を「信長」だとすると、歴代在籍弁護士たちと(たぶん)血縁関係がないにもかかわらず、そのうち1人が「信〇」、2人が「〇長」、さらに2人は、字は違うものの同じ読みができる漢字(例・「伸(のぶ)〇」)と、7人中実に5人の名前は、ボスの名前と何らかの縁があったりします。確率的にはかなりレアな気がしますが、果たしてこれらは偶然なるや否や。

413+2=411?

岡山の1月登録者が2人だと噂を聞いていたため、どの事務所が増えているのだろう・・・と楽しみにしながら日弁連の弁護士検索を開いたのですが・・・2人増えているのは確認できたのですが、昨年末の時点で413人だったはずの岡山の会員数は、なぜか415人ではなく411人になっていました。。。

413+2=411。

実に不思議なことがあるものです。

岡山人の刑事裁判離れ

年末年始は順番が回ってくることなく逃げ切った予備名簿ですが、年始早々回ってきました。どうやら検察官による年末の在宅事件の駆け込み起訴が多数あったため、通常の待機人数を大きくオーバーしてきた様子。

しかし、本庁の(わ)号の事件番号は、500番台の後半(それも、真ん中をちょっと過ぎたあたり)でした。起訴日が12月2X日なので、この後どう駆け込みが重なったとしても、令和2年の本庁(わ)号事件の事件番号は、600番に達しそうにありません。

とりあえず倉庫に行っていない最古の刑事記録が平成29年だったため、その年を見てみたところ、最後の事件は600番台後半に達していました。つまり、ここ3年だけを見ても、本庁の地裁(わ)号事件は100件前後減少していることになります。

さらに、うろ覚えではありますが、私が弁護士になったころは、(わ)号事件が年末には1000番・・・まではいかずとも、それに近いところまでは優に行っていた気がします。年末に来たのがぞろ目の888番で、妙にうれしかった記憶があります。

岡山人は間違いなく、そして日本人もきっと「犯罪離れ」している(少なくとも、公判請求されるレベルの刑事事件からは離れている)のでしょう。市民生活の平穏という観点からは、実に望ましいことと言わなければなりません。

風の谷の・・・

年末に「風の谷のナウシカ」をTV放映していましたが、実はナウシカとクシャナ殿下は対になる存在として設定されており、アルファベット表記だと2人の名前がアナグラムになっている (「NAUSICA」とCUSIANA」)と聞いた時には、非常にびっくりしました。

しかし、ナウシカをアナグラムという観点で見ていたところ、某2代目編集長が提唱する「ウシナカ」はもっと単純にカタカナでのアナグラムになることを発見してしまいました。

「♪千屋の谷のウシナカ 白い霧が晴れたら

 千屋の谷のウシナカ 手と手固く握って

 大地けって 翔び立つのよ

 はるかな地平線」

そんなリフレインが脳内から離れないのですが、2代目編集長に対してなんらかの損害賠償請求ができないでしょうか。

夜逃げ弁護士www

年賀状を出す際、相手の事務所移転によるデータ更新を忘れていたために返送されてくること自体は、私のようにずぼらなタイプにはよくあることです。

しかし、今年ある事務所宛ての年賀状が返送されてきたときは、よく考えてみれば以前に移転ネタについて本人と話したこともあったにもかかわらず、自分で更新を忘れた挙句、返送されてきた年賀状を見た時の私の直感的感想が

「もしや、夜逃げしたか!?www」

だったことは、本人の前でどのように開陳してやろうかと思うと胸がときめきます。

また緊急事態宣言?

首都圏1都3県に2度目の緊急事態宣言が来そうな情勢だそうです。年明けに東京出張が必要な裁判等の予定や、上記地域内で係属中の事件はないので、個人的には影響なしということになるのですが(名古屋の債権者集会は思案中)、世の中としては、センター試験・・・じゃなくなった大学入学共通テストはどうなるんでしょうか。。。

私が大学受験だった1995年といえば、1月に阪神大震災で高架橋の橋脚が崩壊したために山陽新幹線が完全にストップし、入学のために上京した直後の東京では地下鉄サリン事件が起こりました。とはいえこれらはどちらも一過性の出来事で復旧の見通しはあったわけですが。

・・・え?9日発効って、それは「緊急」なのか?

本能寺の惨劇

「麒麟がくる」で一貫して良妻として描かれてきた明智煕子が、戦場での負傷と心労と過労で倒れた光秀の看病とお百度参りで自分の体調を崩した挙句、

「私は、麒麟を呼ぶ者が、十兵衛様、貴方であったなら・・・ずっとそう思っておりました」

と言い遺して亡くなってしまいました。。。最愛の人の、罪のないはずだった遺言が呪いとなって生者を縛る…私の好きな物語パターンです。というわけで、信長を討ってしまった後になって、光秀が

「 なんてことだ。私は煕子の遺言を・・・

 煕子は天下を正常なものになおしたかった。
 なのに、私は何をしていたんだ。
 一体何を、私のこの●年はなんだったんだ。
 あれは一体なんだ、今さらそれはないじゃないですか、煕子。
 なぜ一言でいい、ちゃんと言い残してくれなかったのですか。
 こんな恐ろしいものを私に渡しておいて、どうしろって言うんだよ!
 煕子、答えてよ煕子! 」

と慟哭する姿を幻視してしまいました。

実際には、作者は主要登場人物の死の瞬間を描きたがらないことで有名な方なので、光秀の最期どころか、

「敵は本能寺にあり!」

と叫び、本能寺に向かうところで終わるのではないかと心配になり、現実逃避に走る笑六法なのでした。